記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーシャと時間と年齢の関係

こにゃにゃちは。まめ博士です。

今回はドーシャと時間と年齢の関係について、お話ししたいと思います。


以前、三つのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)は季節の影響を受けるというお話をしたかと思いますが、季節だけでなく、時間や年齢とも密接な関係があるんです。

まず時間との関係から。

24時間を4時間ごとに区切り、それぞれのドーシャが強まる時間を示すと、下記のようになります。


6~10時=カパ

10~2時=ピッタ

2~6時=ヴァータ

朝のカパの時間は、体がだるく眠気が取れにくい。食欲もあまりわかない。

日中のピッタの時間は、一日で最も消化の火が強まり、食欲が増す。行動的になり、頭脳の働きも活発化。

日中から夕方のヴァータの時間は、風の影響を受けて活動的になる反面、発作的な行動や、考えにまとまりがなくなりがち。

夜のカパの時間は、眠りに向けて徐々に落ち着きを取り戻していく。

夜のピッタの時間は、代謝と変換が行われる。美肌のために熟睡しましょう。

深夜から早朝のヴァータの時間は、目覚めに向けて眠りが浅くなる。夜明け前は瞑想に最も適する時間。


お次は年齢との関係を。

0~25歳がカパ。

25~60歳がピッタ。

60歳以上がヴァータ。

カパの年齢は、地と水の影響で体の構造が出来上がっていく時期。

カパが増えすぎると小児ぜんそくや気管支炎になりやすかったりします。

ピッタの年齢は火と水の影響でエネルギーが最も強く、活発に行動する時期。

ヴァータの年齢になると、風と空の影響が強くなり、潤いが不足し身体が縮み始めます。

病気になりやすくもなるので、積極的に油分や水分を取り入れましょう。


まめ博士:こんな風に、それぞれの時間や年齢で、どのドーシャが強まるかが決まっているんですね。

まいちゃん:おもしろいよね。

それにすごく納得。

でもこれってきっと、猫には当てはまらないよね。

まめ:なんで?

まいちゃん:だって、まめったら日中はほとんど寝てるじゃない。

夜になると急に活発化するもんね。

まめ:だって猫は夜行性だもん。

暗くなると暴れたくなるんだよね。

まいちゃん:昼と夜との顔が違うもんね。

それってひょっとして、二重人格なんじゃない?

まめ:フフフフフ


近頃お気に入りのバスマットの上でウトウトするまめ
P1000206.jpg

ではまたね。ばいにゃら。

ご覧下さり、感謝いたしまする~


まいちゃんとまめのサロン Lalita

只今開店記念セール中!お得な価格でご奉仕しております!

お問い合わせはこちら



まめかわ!の代わりに↓ぽちよろしくお願いしますにゃ。

にほんブログ村 猫ブログ 看板猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ アーユルヴェーダへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆太

Author:豆太
はじめまして。豆太です。

茶トラのオス、1歳。

愛知県稲沢市のアーユルヴェーダサロン「Lalita ラリター」で看板猫してます。

仕事のこと、プライベートのことなど、風の吹くまま気の向くままに書いていこうと思ってます。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。